ウクレレの右手の弾き方動画

ウクレレの右手の弾き方動画です。

右手の使い方が分からない方は、動画を観て弾き方を研究しましょう。


⇒初心者向けの弾き方ページに戻る


文章で読む

ユーチューブの動画を文字で起こしてあります。
自動で起こしてあるので読みにくい部分があると思いますので、分からないところは動画を観て確認をしてください。

=====================

それでは、いよいよ右手でピッキングをして聞いていきます。
親指でダウンストロークすると皮膚引きになるんですね。
これは親指をアップで弾くとアップストロークこれは爪が間に当たっていきます。
皮膚で引いた時は少しあったかい音がして爪で弾くと少し大きな音が出ます。
注意点は親指を垂直に当てない。
直角みたいには立てない。
平衡感覚のどちらかといえば多い日のこの辺この辺で弾いていく感じ。
ダウンは皮膚弾きアップは爪弾きになります。
人差し指で弾いてみます。
ダウンストロークすると爪で弾いていくことになります。
アップストロークをすると皮膚で弾いていくことになります。
なんとなく音のカラーが違うような感じがしますよね。
この時のコツは、右手を自分から見て象の顔になっているような感じにして、これひいていくと弾きやすいですね。
さっきの親指は言に平行するような角度で、下が人差し指は少し斜めてるような感じ。
垂直だとか平行じゃなくても大丈夫です。
優しい音を出したければ親指の皮膚でダウン。
人差し指でアップすれば親指の皮膚、人差し指の皮膚両方とも皮膚引きになるので優しい音になります。
大きな音を出すには、人差し指でダウンして親指でアップすれば大きな音が鳴ります。
一番下の弦1弦の3フレット約2で押さえてみて下さい。
そして、上から4本とも同時に行きます。
これを適当に親指とか人差し指とか気にせずに4回引いてみましょう。
ウクレレを練習していくといろいろなコード押さえながら弾いていくようになるんですけども、その行動を押さえて引いてコード押さえて引いて手を考えだと本当はあまり音楽的にはなりません。
音楽というのは、一定のテンポのリズムに合わせて演奏していくことが大切ですので、それを鑑みてみるとですね、右手の動きというのはこのように止まることなく上下に動き続けてそれで演奏するんですね。
慌てるな右手は急に止まらない。
右手の動きというのは、止まることなくなるべくテンポに合わせてダウンアップダウンアップと動かしておきます。
それで、左手がその時にいろんなコードを押さえ帰るから音楽が音程が変わっていくんですね。
それを今度は全部引いてるんでもなく、時々頭を入れることで音楽にまた躍動感が増します。
ちょっとやってみますね。
この後も色々なコードを知っていて、左で若人が変わっていくんですけれども、その時に右手で弾く弦というのは常に4本引いていないといけないわけではなくって、例えば二本三本一本三本などと分けるようにして引いていくというそういう方法もあるんですね。
13交互に引けばリズミカルひとつ前の動画で言った一本3本1本3本で弾く弾き方で、それを3個のタイミングずつで引いてくと三拍子が弾けるようになります。
4弦3本3本4弦3本3本で弾いてみましょう。
音楽というのは、リズムとして跳ねてる音楽と跳ねていない音楽その2種類しかないんですね。
はねていない音楽というのは、歩いているようなとんとんとんとんとん均等に歩いて行く感じが跳ねていない音楽。
跳ねている音楽というのは、スキップするようにとんととんととんととんこれをはねているリズムと言います。
それを演奏するには例えば、ワンツースリーワンツースリーと膝を叩くとこのリズムが作れるようになります。




ページトップに戻る