分かりやすいウクレレの弾き方

ウクレレのチューニングの方法が分かったら、次はウクレレの弾き方を覚えていきます。

もちろんですが、ウクレレがチューニング出来ただけでは曲は演奏できないので、ウクレレの基本的な弾き方を学んでいく必要があります。

今回は、津村泰彦さんという日本でも有名なウクレレの方の動画がYOUTUBEにアップされていますので、それを使ってウクレレの基本的な弾き方を覚えていきましょう。

まずはウクレレを弾いてみよう


このステップで大切になってくることは、

・ウクレレはストラップを使って持つようにする
・ウクレレは親指の上部側面で弾く
・親指の第一関節を曲げない

この3つです。

ウクレレは弦を指で弾けばすぐに音が出てしまうので、最初にしっかりとした弾き方を覚えておかないと、弾き方の「癖」が付いてしまいます。

一度弾き方の癖が付いてしまうと、今度その癖を取るのにとても練習時間がかかってしまいます。

そうならないように、まずはこのステップ1の動画を観ながら基本的なウクレレの弾き方を覚えていきましょう。

⇒津村さんの詳しいウクレレ上達方法はこちら


ウクレレを押さえてみよう

次のステップは、ウクレレを押さえることを練習していきます。

ウクレレは、右手で弦をはじく、左手は押さえて音を変えていきます。

だから、ウクレレの弾き方の練習をする時は、必ず右手と左手の両方の練習をしっかりとしていくことが重要になります。

このステップで大切なことは、

・「押す」というよりは「指を置く」感覚が大事
・60度くらいの角度で指を押さえる
・力を入れて弦を押さえないようにする

この3つ。

右手は音色に直接関わってくるので気にしながら練習をしやすいですが、音色に直接関係ないと思われがちな左手はあまり意識せずに練習してしまいがちです。

左手の使い方は、右手の弾き方と同じくらい重要なので、しっかり気をつけながら練習をしていくようにしましょう。

⇒津村さんの詳しいウクレレ上達方法はこちら

ウクレレを押さえて弾く

次のステップでは、右手と左手を一緒に動かしながら演奏をしていきます。

つまり、左手で弦を押さえながら右手で音を出していくという、基本的なウクレレの弾き方の練習になります。

ここで重要になるのは、

・ウクレレの押さえる場所をイメージすること
・次の音に移るときに指を大きく動かさないようにする
・他の弦に触れないように注意して押さえる

この3つ。

特に、右手よりも左手の押さえ方が重要になってきます。

この左手で押さえることはとても大切で、ここをいい加減に練習してしまうと曲を弾き始めた時にミスが多くなる原因になります。

だから、こういう簡単な練習をしていく中で出す音だけの弦を押さえる練習をしておきましょう。

⇒津村さんの詳しいウクレレ上達方法はこちら


譜面の読み方

ここまできたら、次は楽譜の読み方を学んでいきましょう。

ウクレレはコードを見て弾くことが多い楽器ですが、ウクレレを始めたばかりの初心者にとっては、かなりハードルは高いです。

だから、今回の津村さんの動画の中では、津村さんが開発をした「ラダー譜」という楽譜を使って練習をしていきます。

実際に動画を観てみると分かりますが、指の押さえ方や指の動き方が分かりやすいのが特徴です。

楽譜やコードを読むのが苦手・・・という方は、このラダー譜を使ってウクレレを練習していくことが上達の近道になりますよ。

⇒津村さんの詳しいウクレレ上達方法はこちら


一緒にウクレレを弾いてみよう

ここまでくると、最初の頃に比べるとウクレレの弾き方も分かってきて、少しウクレレが弾けるようになってきていると思います。

最後のステップは、津村さんの動画を観ながら一緒に弾いてみるステップです。

このページの動画を観ながら練習してみて感じていただけたと思うのですが、

ウクレレは自己流の練習では上手にならない

ということです。

ウクレレは楽器自体も安いので、ウクレレを買ってきて自分で適当に練習してしまう方がすごく多いですが、それはウクレレが弾けるようになるにはものすごい遠回りになってしまいます。

大切なことは、最初に正しい弾き方を身に付けること。

そうすることで、長くウクレレを楽しむことが出来ますからね。

津村さんの練習方法は、もっと詳しくDVDにまとまっています。

遠回りしないためにも、それを観ながら練習してみるといいと思いますよ。

⇒津村さんの詳しいウクレレ上達方法はこちら




ページトップに戻る