ウクレレのストロークの種類について

ウクレレを演奏する時に、大切になるのが「ストローク」です。

ストロークには種類がありますので、今回はストロークの種類を説明している動画の紹介です。



⇒分かりやすいウクレレ上達方法はこちら


こんにちは、ソピック音楽教室、ウクレレ科講師染谷です。

えー、今回ウクレレレッスン第二回ということで今回ストロークの種類について説明したい と思います。

はい、えーまず一つ目のストロークで、人差し指ストロークと言うものがあります。

これがおそらく一番良く使われる弾き方で、手首の力を抜いてちょっと人差し指以外の指を曲げます。

ここの人差し指もすごい力も抜いて指がガチッと硬くならないように、また手首の動きで、こういう風に弾く弾き方です。

はい、二つ目の方法として、親指ストロークというのがあります。 これはメロディーを同時にやるときに良く使われる弾き方で、親指以外の4本、この4本をウクレレの下のほうに支えになるようにおいてしまいます。

その後親指をこの4本を軸にして弦に対してまっすぐ下げたり、まっすぐ上げたりします。

はい、三つ目の方法として、ストラム。ストラム奏法というのがあります。

これは単独で使われるのではなくて、人差し指ストローク、親指ストロークこういうのの合間にアクセントとして使う弾き方です。

で、方法はこの小指以外の4本、これを同時にベッとやるのではなくて、薬指、中指、人差し指、親指というのを、バラバラに一気に下に下げる弾き方です。

こうやる弾き方ですね。 こういう奏法になります。

えー、ウクレレレッスン第二回目ということで、今回ストロークの種類を説明したんですけども、ハワイや癒しの音楽と言うのは右手のこのゆったりとしたストロークっていうのが非常に重要になるので気持ちもリラックスして、楽しく練習をしてください。








ページトップに戻る