ウクレレのロールストロークとトリプルストロークの弾き方

今回は、ウクレレの弾き方の中でもロールストロークとトリプルストロークの弾き方の説明動画になります。



⇒分かりやすいウクレレ上達方法はこちら


では前回からちょっと時間があいてしまったんですけども、前回に引き続きまして今回ストロークの種類2っていうことで、ロールストロークとトリプルストロークの弾き方を説明していきたいと思います。

はい、えーまずはロールストロークの弾き方ですね。

このロールストロークというのは、えーさっきのイントロの演奏で最後に、と言うように高速でバーっと音を並べていくっていう弾き方なんですけども。

これ最初の動画で説明した、人差し指ストロークですね、これを下げる上げる下げる上げるを超高速でやると、でその高速でやると腕をすごいふると大変になっちゃうんで、この腕のひねりですね。

このひねりでバタバタバタバタ、すごいこうウクレレが暑がっていて団扇ですごい勢いで仰いであげよう、そういう感じやるとうまくいきます。

次はトリプルストロークの弾き方なんですけども。

トリプルストローク、その名の通り、トリプル、3ですね。

3回連続で弾いちゃうというストロークです。

普通だったら2回でこう、1、2、3、4とやるところを、タタタタタタタタタタタタと一回こう下げる。

上げると中に3つ入れちゃうストローク入れちゃうという弾き方です。

これはちょっといろいろ弾き方がありまして、まず最初に人差し指と親指をちょっと離した、チェキみたいな状態で指をセットします。

それから、手首を下ろして人差し指一回ダウンストロークをします。

このとき親指が4弦よりも上にあるようにしてください。


人差し指が終わったら、次に親指でこう、親指の動きだけで、根元からの動きだけでもう一回ダウンストロークします。

その後人差し指、もしくは親指、これどちらでもいいんですけども、これで手首を使ってアップストロークを行う。

これを連続して行うとタンタンタンタンタンタンと腕が下がる上がるで3つのストロークが出来るようになります。

はい、いかがでしたでしょうか。

今回で、前回のも含めて、えー前回のも含めまして、5つのストロークを学びました。

これ通常いつも使えるストロークとおかずみたいな感じちょっとアクセントで使えるストロークと全てやっているので、いろいろと自分で試しながらやってみてください。







ページトップに戻る