ウクレレのチューニングで使うチューナーについて

ウクレレのチューニングをする方法はいくつかあります。

ピッチパイプを使ったり、音叉を使ったり。

でも、どの方法も音程を聴き分ける音感がないとチューニングが出来ないので、これからウクレレを始めようと思っている方にはおすすめしていません。

ウクレレのチューニングで初心者でも確実にチューニングが出来る方法は、「チューナー」を使ってチューニングをする方法です。

チューナーとは、音程を合わせるための機械です。

ウクレレ用には、クリップ型のチューナーが販売されているので、それを使ってチューニングするとやりやすいですよ。



こういうクリップ型のチューナーをウクレレに装着してチューニングをしていきます。

最近はスマホのおかげで便利になって、無料のチューナーアプリも出ていたりします。

ただ、クリップ型のチューナーは楽器に直接装着しているのでかなり感度が良いですが、スマホのアプリのチューナーはウクレレから距離があるので、うまく音を聴き取ってくれないことが多いんですね。

しかも、譜面台の上にスマホを置いてチューニングすることになるのですが、何かのはずみで落としてしまうとスマホのディスプレイが破損するので、おすすめはしていません。

ウクレレのチューニングをチューナーでやるなら、必ずクリップ型のチューナーを使ってチューニングするようにしましょう。






ページトップに戻る